肩こりの原因はストレートネックにあり?枕など身近な治し方とは?

首は通常、なだらかに湾曲することで、バネのように頭を支えています。
しかし姿勢の悪い状態が続くとストレートネックといって、湾曲のないまっすぐな首になってしまいます。

 

ストレートネックになると肩こりなどいろいろな症状を引き起こすリスクも高まります

>>ストレートネック改善に最適な枕のランキングはコチラから♪<<

そもそもストレートネックとはどのような症状を指すの?

私たちの頸椎から脊椎にかけて、通常は緩やかなカーブを描いています。
このカーブがばねのような役割を果たしていて、重たい頭を支えています。

 

通常首の湾曲は30~40度程度あります。
ところがこの湾曲が30度以下の状態になっている人もいます。
このような症状をストレートネックという風に呼びます。

ストレートネックは別名スマホ首ともいわれる

ストレートネックはよく「スマホ首」と紹介されることもあります。
つまりスマホをしている時の姿勢が首に負担をかけて、ストレートネックにしてしまうというわけです。

 

スマホやパソコンで長時間作業をしていると、前傾姿勢をずっと続けることになります。
この姿勢を長期間続けていると、先ほど紹介したなだらかなカーブが失われやすくなります。

 

その結果、ストレートネックになってしまいいろいろな症状を引き起こします。
スマホが急激に普及したことで、このストレートネックに悩まされる人も増えてきています。

 

そのような関係もあって、スマホ首という言葉もよくつかわれるようになりました。
そのほかにはよく街中でリュックサックを背負って移動する姿もしばしばみられます。

 

ビジネスマンでもカバンではなく、リュックサックを普段愛用している人も多いでしょう。
リュックサックは重心がおしりのほうにきやすいです。

 

そのままだと後ろに体がもっていかれるので、頭を前に出すことでバランスを取ります
そして両肩は肩ひもで固定されているので、いわゆる巻き肩になりやすいです。

 

この姿勢も長期間続けているとストレートネックになりやすくなります

先天的にストレートネックの人もいる

これまで紹介したストレートネックは、あくまでも生活習慣によるものです。
後天的にストレートネックになる人がいる一方で、先天的にストレートネックという人もいます。

 

例えばもともと背骨の湾曲が少ない人がいます。
そのほかには臼菱形成不全といって股関節がうまくはまっていない症状を抱えていると、ストレートネックになりやすいとされます。

 

骨盤が前のほうに倒れやすくなるので、頭を支えるためにはストレートネックになりやすいのです

ストレートネックになるといろいろな症状を引き起こす

ストレートネックは私たちの首の自然な形ではありません。
自然な形ではない以上、そのひずみはほかのところに行ってしまいます。

 

その結果、いろいろな症状になって表れるのです。
頸椎の問題なので、その周辺には大きな負担がかかりやすくなります

 

具体的には首や肩の筋肉です。
首や肩の筋肉に大きな負担がかかることによって、首のこりや肩こりを発症する恐れが出てきます。

 

ひどくなると首に痛みが発生して、うまく動かせなくなる人もいます。
首を回せない、上を向きにくいといった症状を訴える人も少なからず見られます。

 

首や肩の筋肉がこわばると、その周囲の血管を圧迫しかねません。
すると頭に向かう血流が悪化します。

 

その結果頭痛が慢性的に起こる、めまいやふらつき感が時折発症するということも考えられます。
首や肩の筋肉がこわばると血管以外にも、神経の圧迫を引き起こす恐れもあります。

 

すると手にしびれがあるとか、頚椎症・椎間板症といった症状を引き起こすこともあり得ます。
ストレートネックの症状を訴える人の中には、寝つきが悪いよく眠れないといった方もしばしばみられます。

 

ストレートネックになってしまったことで、従来の枕が合っていないのかもしれません。
またよく寝違いを起こして午前中特に首が痛いというのも、ストレートネックが関係している可能性が疑われます

 

>>ストレートネック改善に最適な枕のランキングはコチラから♪<<

ストレートネックは必ずしも症状が現れるということではない

上で紹介したように、ストレートネックになるといろいろな症状の出てくる恐れがあります。
しかしストレートネックの人は全員何らかの症状を引き起こすというわけでもありません。

 

中には全くの無症状で、そもそも自分がストレートネックであることを自覚していない人もいます。
無症状の人は特別治療をする必要はなく、症状が出るまでしばらく様子を見ることも可能です。

 

ただしストレートネックを甘く見ないほうがいいのもまた事実です。
先ほどもみたように首や肩の筋肉のこわばりによって、血流が悪化しやすくなります。

 

その結果、まれではありますが脳梗塞・脳出血・くも膜下出血といった処置が遅れると命にかかわるような重大な病気を発症するきっかけになる恐れがあります。
さらに首の後ろには自律神経もありますので、こちらに悪影響をもたらす危険性もあります。

 

そうなると自律神経失調症うつ病を発症して、仕事など日常生活に支障をきたすことも十分考えられます。
ですからストレートネックを決して軽視しないことです

ストレートネックと診断された場合の治療法は?

ストレートネックの可能性がある人は、医療機関で一度診察を受けたほうがいいでしょう。
どこで診察を受けるかですが、整形外科が一般的です。

 

レントゲン撮影などをすれば、首の状態がはっきり確認できます。
ストレートネックと診断された場合、整形外科ではいくつかの治療法を行います。

薬物療法

人によってはストレートネックの症状が強く出て、痛みがひどく日常生活にも支障をきたすような方も見受けられます。
そのような場合には、とりあえず痛みを緩和するために薬物療法がとられることがあります。
一般的には非ステロイド系の鎮痛剤の処方されることが多いです。

電気治療

整形外科の医者の中には、ストレートネック対策に電気治療を施す場合があります。
患部に電気を流すことによって、筋肉をリラックスさせます。
その結果、ストレートネックによる症状を緩和しようというものです。

首の牽引

首の牽引も電気治療に似たような発症で行います。
首を伸ばすことで、筋肉をストレッチします。

 

ストレートネックの方の首や肩の筋肉はこわばって縮んでいることが多いです。
これをけん引することで伸ばし、ほぐしていくわけです。
その結果、首や肩のこりや痛みを軽減できる可能性は高いです

理学療法

ストレートネックと診断した整形外科の中には、理学療法士に治療を任せるケースも少なくありません。
リハビリによって症状を緩和させようというわけです。
ストレッチなどのアプローチを通じて、ストレートネックによる首の痛みなどの症状が出にくくしていきます

マッサージ

マッサージを施していくアプローチもあります。
これもストレートネックによる首や肩の筋肉の凝りをほぐしていこうというわけです。

いずれも共通しているのは、ストレートネックそのものの治療を行うのではなく、それによってもたらされている症状の改善・緩和を目指している点です。
筋肉をほぐすなどはできますが、治療によって骨の湾曲を自然な状態に戻すのは大変難しいです。

 

ストレートネックが原因で頚椎症や頸椎椎間板ヘルニアを発症することがあります
こうなってしまうと中には、食事や服の着替えができない、文字が書けない、足がもつれて歩けない、尿が出にくいなど日常生活にかなり深刻な支障をきたすこともあり得ます。

 

ここまでくると、手術によって治療を行うこともあり得ます

 

>>ストレートネック改善に最適な枕のランキングはコチラから♪<<

日常生活の中でストレートネック対策はできる?

ストレートネックになってしまうと、このようにいろいろな症状を引き起こす可能性は高いです。
では日常生活の中で気を付けるべきことはあるのでしょうか?

 

実は自分でできるストレートネック対策はいくつかあります
もしスマホやパソコンに向かうことが多い姿勢が悪いことを自覚しているようであれば、以下の対策を常日頃から心がけましょう。

 

姿勢を意識することが大事

後天性のストレートネックのケースを見てみると、姿勢の悪さが大きく関係しています。
その中でも大きな要因となりうるものとして、猫背があります。

 

長時間デスクワークをしていると、どうしても前傾姿勢になって背中が丸くなり、首の出っ張ったような状態になりやすいです。
ですから背筋をできるだけ伸ばして作業するといいでしょう。

 

少しデスクの高さを高くして、画面が目の位置に来るように調整すれば、猫背になりにくいです。
もしくはキーボードを別に用意して、ディスプレイを一段高いところにセッティングしてパソコン作業する方法もおすすめです。

 

目安としては、目線の角度が5~10度以上下がっていないかどうかで調整しましょう。
また骨盤の周辺の筋肉が衰えていると猫背になりやすいといわれています。

 

骨盤の筋肉が弱体化していると、骨盤が前傾しやすくなり背骨の湾曲が崩れて、そのバランスをとるために猫背になりやすいです。
骨盤体操を導入して対策を講じるのもおすすめです。

 

スマートフォンを使うときのうつむきに注意

スマホ首という言葉に代表されるように、スマホとストレートネックの関係は密接です。
別にスマホを使うことがいけないのではなく、スマホを操作している時の姿勢を意識しましょう。

 

電車の中や街中を歩いてスマホを操作している人が多いです。
この時うつむいて操作している人をよく見かけますが、これはストレートネックのリスクを高める姿勢といえます。

  1. スマホを持つときには、ひじから手までが一直線になる高さまで持ってきましょう。
  2. そして肘と体の間に反対側の手を挟みます。
  3. この時反対側の手の甲を上に向くように挟むのがポイントです。

このような形でスマホを持ってみましょう。
普段のうつむき加減と比較して、目線が上がってきませんか?

 

しかも姿勢もおのずとよくなって、ストレートネック対策になります。
そしてこの姿勢でスマホを扱っていると、普段と比較して首だけでなく方から背中にかけての負担をだいぶ軽減されているはずです。

 

中にはスマホの操作を両手で行いたくなることもあるでしょう。
その場合には、持つほうの手の位置を先ほど紹介した位置でできるだけキープするように意識することです。

 

このような対策を心がけるだけでも、ストレートネック予防効果は高いです。
しかし長時間同じ姿勢を続けることは、やはり体にどうしても負担をかけやすくなります。

 

そこでデスクワークをしている場合でも、少なくても1~2時間に1回くらいのペースで休憩をとることが大事です。
例えばデスクから離れて少し歩き回るのもいいでしょうし、肩の上げ下げや首をゆっくり回すなどの簡単なストレッチを導入しましょう。

 

これだけでも、首や肩の筋肉がほぐれて肩こりなどの症状を緩和する効果が期待できます

 

>>ストレートネック改善に最適な枕のランキングはコチラから♪<<

自分に合った枕やストレッチでストレートネックを改善しよう

首周りのストレッチを導入していこう

ストレートネックによっていろいろな辛い症状が出るのは、首から肩の筋肉がこわばってしまうからです。
そこで首周りの筋肉をほぐすようなストレッチをこまめに行うことも症状緩和の意味でも大きいです。

 

ストレッチの魅力はだれでも手軽にできるところです。
特別道具は必要ないですし、短時間で済ませることができるのでちょっとした仕事や家事の合間を縫って毎日続けられます。

 

首回しのストレッチの中でも代表的な方法をここで紹介しましょう。

  1. まずは両手を体の後ろで組みましょう。
  2. そして上半身全体を後ろにそらせます。
  3. この時息は吐くように心がけましょう。
  4. 上半身をそらせるときに、首も一緒にそらせることです。
  5. 少し胸を張るような感じで行うとやりやすいです。
  6. この姿勢になると両腕が上がってくるはずです。
  7. そしてこれ以上倒せないというところに来たらその姿勢をキープします。
  8. この間に2~3回呼吸を続けましょう。
  9. そしてまた息を吐きながら元の姿勢に戻していきましょう。

このストレッチを行うと、気分もリフレッシュできるはずです

自分に合った枕を探そう

ストレートネック対策として重要なのは、枕です
枕の高さが合っていないと、眠っている間ずっと首や肩に大きな負担がかかります。

 

このため、首こり・肩こりの症状が悪化しやすくなります。
肩口から頭にかけての傾斜が10~15度・顔面の傾きが5度程度というのが理想的な姿勢といわれています。

 

朝起きたときに首から肩にかけてだるい、周りにいびきがうるさいといわれているのなら、自分の頭にフィットしていない枕を使っている可能性が高いです。
寝具店に行って、実際に横になってみて眠りやすそうな枕に買い替えてみるといいでしょう

 

>>ストレートネック改善に最適な枕のランキングはコチラから♪<<

「ストレートネックと枕の関係|ストレートネックの原因・症状・対策」関連情報

腰痛マットレスの正しい選び方

『腰痛マットレスの正しい選び方|高反発マットレスの人気ランキング』 腰痛や肩こりでお悩みの方には低反発マットレスや布団より高反発マットレスがおすすめです。睡眠中は無意識に体に負担のかかる姿勢になることがあります。高反発マットレスは睡眠中に正しい姿勢をキープすることができますので肩や腰に優しいのです。高反発マットレスの選び方について解説しています。

肩こり・首こりに正しい枕の選び方

『肩こり・首こりに正しい枕の選び方|快眠枕おすすめランキング』 肩こりや首のこりなどに悩まされている人はいませんか?肩こりや首こりの原因はいくつか要素がありますが、もしかすると今使っている枕に問題があるかもしれません。枕が自分の体にフィットしていないと、首や肩の筋肉に大きな負担がかかるためです。当サイトでは、枕の様々な形状から、肩こりとの密接な関係まで検証しています。

【モットン】高反発マットレス

『高反発マットレス【モットン】で腰痛対策できるのか効果検証』 モットンは腰痛対策用の高反発マットレスです。腰痛対策や姿勢矯正効果が高いことで知られています。腰痛対策で人気のマットレスは他にもありますが、なぜモットンが注目を集めているのでしょうか?当サイトでは、高反発マットレスのモットンの特徴と寝心地を調べました。また腰痛対策の効果とコストについても検証します。